首都圏中学受験対策コース

中学受験の大半を占める

首都圏・関西圏の対応も

首都圏・関西圏中学受験対策


国立・私立中学、公立中高一貫校の数は首都圏で約350校、関西圏で約160校にもなります。およそ500以上の学校がこの二つのエリアに集中してます。

『サンデーショックってどういう意味?...』
『午後入試って?...』
『転勤族でいずれは首都圏に戻る予定だが...』
『道外を受験したいが入試状況がわからない...』
『関西地区の入試解禁日って?...』

など、入試事情を知らないと不安になりがちです。

☞家庭教師エデュオでは講師の実績、経験を生かし、首都圏・関西圏中学受験対策もしっかりサポートします。
何も知らずに取り組むより『知ってから取り組む事』がとても重要です。

※中学受験対策コースの詳細はこちら>>

首都圏中学受験状況

◇首都圏では

1月入試の埼玉・千葉

2月入試の東京・神奈川

の両方を受験するパターンが主流です。
併願校の組合せとしては『安全校』『相応校』『チャレンジ校』として日程調整していきます。

☞埼玉・千葉在住もしくは左記エリア通学可能な生徒さんは、1月入試に本命校が確保できれば2月入試はチャレンジ校の受験になります。
☞東京・神奈川在住もしくは埼玉・千葉に通学困難な生徒さんは1月入試は『力試し』になります。『安全校』として確実に合格できる学校を選択し2月入試に繋いでいきます。

御三家と言われる上位校などは2月1日がメインです。その他、栄光・聖光など神奈川は2月2日以降が多く、国立大附属・公立中高一貫は2月3日に集中など重要な傾向もあります。

関西圏中学受験状況

◇関西圏では入試解禁日が設定され、その日から入試がスタートします。1月中旬または下旬の土日を中心に入試がスタートし、土曜日からの4日間に入試は集中されます。
最難関・灘中学・甲陽中学は土日の2日間入試のため、併願する生徒さんは3日目からの併願を余儀なくされるといった状況もあります。
☞関西圏中学受験での大きな特徴に

3教科入試(国・算・理)

4教科入試(国・算・理・社)

があることです。
灘・甲陽・東大寺など難関中学に男子校(3教科)が多いため男子は3教科対策、また女子校は4教科受験採択校が多いため女子は4教科対策している生徒さんが多い傾向があります。

首都圏・関西圏中学受験日程

※2018年度入試

首都圏情報



エデュオの進学塾対策

☞家庭教師のエデュオでは日能研対策四谷大塚対策・標準など塾のサポート対応してます。
  • 『分からない問題がそのままになってる』
  • 『模試が取れない』
  • 『苦手分野が克服できない』

  • などお悩みの時は気軽にご相談下さい。

    ※日能研対策はこちら>>
    ※四谷大塚対策はこちら>>
  • 中学受験コースの料金はこちら>>
  • 中学受験コースの料金はこちら>>

  • 小学生英語

    中学受験対策

    四谷大塚

    日能研

    ニュートレジャー
    プログレス21

    体系数学
    4step


    幼児コース             小学生コース             中学生コース             高校生コース             


    フリーダイアル
                          
      
    札幌(1)
    札幌市中央区,札幌市豊平区,札幌市西区,札幌市北区,札幌市手稲区
    札幌(2)
    札幌市東区,札幌市白石区,札幌市南区,札幌市清田区,札幌市厚別区
    札幌(3)
  • 札幌近郊はこちら>> 江別市, 北広島市, 小樽市, 石狩市, 恵庭・千歳