札幌中学受験情報

《札幌中高一貫校リスト》

※札幌市近郊は、私立・公立別に50音順です。
※北海道教育大附属札幌中学は高校はありません。

【札幌大谷中学校】



札幌大谷は1906年に開校した伝統校です。1948年に中学校が開設。2003年度に6ヵ年一貫英数コースが設置されます。2008年度には中学校が男女共学。同時に英数選抜コースを設置します。
『英数選抜コース』は旧帝大・医学部など難関大学合格を目指すカリキュラム内容になっており、
『特進コース』は学習と部活動の両立を軸に6年間を過ごします。部活動に打ち込みながら勉強との両立を目指す「スポーツ個性」とじっくりと勉強に取り組む「学習個性」の二つがあります。
また入試自体も英数選抜コースと特進コースではそれぞれの内容で作成されており、更に2015年度には適性検査型入試も加わりました。志望コースに合わせた受験対策が必要になります。
さらに2019年度より『特待生制度』を導入致します。

【中高一貫生・2018年度実績(浪人含む)】
→北大5・京大、東北大、九大、神戸大 各1、教育大6、など。
→早稲田大4、上智大2、MARCH5、関関同立3、北海学園大7、北星学園大2、など。


【入試傾向】
『国語の出題傾向』
《英数選抜》
  • 過去問を分析からは年度によって異なるものの、問題素材の難易度が易しいと設問分量は多くなり、難易度が高いと設問は少なめになる傾向があります。記述は字数制限がない設問や、語句、慣用句、ことわざなどの知識の充実も必要。

  • 《特進コース》
  • 過去問を分析しますと、内容的には標準的です。ここ数年は記述解答の設問が多くなってきている傾向があります。また語句の意味、熟語、そして文法や表現技法など幅広い出題がありますで演習が必要です。


  • 『算数の出題傾向』
    《英数選抜》
  • 過去問を分析しますと、難易度はやや高め。文章題と図形が70%を占める。計算問題は四則演算だが内容は複雑なので工夫が必要です。図形は面積比や立体の体積、文章題は速さ、割合など幅広いが中学受験としての代表的な演習が必要です。どちらかというと、推理力、数学的整理、規則性などが要注意です。

  • 《特進コース》
  • 過去問を分析しますと、問題量は多めだがレベルは標準的。速く解く訓練しておきましょう。
    計算問題は教科書レベルも四則演算については演習必須。図形問題は面積の求め方が中心。
    文章題は定番の速さ、割合、比など幅広いが配点比率が高いのでしっかりとした演習が必要です。


  • 『理科の出題傾向(英数選抜のみ)』
  • 過去問を分析しますと、やや物理分野が多めに出題されている感じはあるが、全体的には4分野(物理・化学・生物・地学)はバランスよく出題されてます。物理は電流・磁界、化学は水溶液、溶け方、生物は動物、植物の働き、地学は大地や天気など、内容自体は中学受験として特有の出題が多いので注意したい。また時事問題、科学ニュースの出題あり。


  • 『社会の出題傾向(英数選抜のみ)』
  • 過去問を分析しますと、地理歴史で70%以上を占める。ともに基礎内容から中学の内容までと幅広い出題。一部、難易度が高い問題も出題されているので対策は必要。また時事問題は融合問題として頻出だが2017年度はふるさと納税、EU離脱など出題。記述解答が多く(50字や70字など)、文をまとめていく力もつけたい。作図の出題も時折あるので気をつけたいところです。


  • 【エデュオからの『札幌大谷中学』メモ...】

    《授業の特色》
  • 英数選抜コース
    →難関大学を狙っていく内容です。週37時間授業を展開していきます。国語・数学・英語については中学2年までに中学内容は修了します。
    またニュージーランド研修(3ヵ月留学か3週間研修の選択)において英語力を養い受験突破の原動力にしていきます。

  • 特進コース
    →英語・数学は習熟度別授業を展開してます。また放課後学習支援システム(SSST)、基礎定着の期間(OST)を活用して充実を図ります。
    更に「6ヵ年強化クラブ」があり、受験を視野に入れながらハイレベルの部活に励みます。

  • 音楽・美術コース
    →音楽コースは主に有名音楽大学を目指します。音楽室・レッスン室などの専用設備が12室完備されてます。
    →美術コースは主に全国の美術系大学を目指します。デッサン、水彩・油彩に加え、現役作家の先生による授業、美術館鑑賞、石膏取りなど授業内容は充実してます。

  • 中学受験コースの料金はこちら>>
  • 【札幌光星中学校】



    札幌光星は1934年に開校した伝統校です。途中、募集停止した中学校を1994年に再開。さらに2008年からは男女共学になりました。
    また光星の教育はカトリックの教えの基づく人間教育を柱にしており、聖書の言葉『地の塩・世の光』を校訓に社会に出て他者の幸せのために働ける人となり、リーダーとして活躍する人材を目標としています。
    2011年度から『ルカクプログラム』が実施され、より『真の学び』の追究し好奇心、探求心の向上を目指します。
    2019年度からは『LE型入試』も実施され英検4級以上取得受験生には選択肢が広がります。

    【中高一貫生・2018年度実績(浪人含む)】※卒業生51名
    →北大6、京大2、一橋大、札医大、旭医大 各1、など。
    →早稲田大1、東京理科大3、MARCH5、関関同立5、北海学園大11、北海道医療大8、など。


    【入試傾向】
    『国語の出題傾向』
  • 合格者平均点は65点。過去問を分析しますと、読解中心で題材自体は少々難易度は高い。選択形式、記述式はバランスよく出題され設問は標準レベル。毎年、50字〜100字以内での記述形式など長文記述も頻出されてるので注意が必要。2018年度も第1問にて出題されました。設問に対する解答の仕方、主語をきちんと入れること、字数指定の80%は必ず書くことが重要です。また漢字の読み書き、語句、熟語に関する知識も要求されてるので様々な問題への慣れが必要です。


  • 『算数の出題傾向』
  • 合格者平均点は61点。過去問を分析しますと、図形、文章問題が75%ほど占めてる状況。難易度は標準。中学受験としてのスタンダードな問題で構成されてます。計算は教科書の応用レベル。図形は面積や角度、体積を求める問題、文章題としては速さや割合など中学受験の定番形式をしっかり演習しておきたいです。2018年度も規則性、割合、度数分布、図形の移動が出題されましたが、過去問から傾向を把握すること、時間配分をしっかり身につけておく事が大切です。


  • 『理科の出題傾向』
  • 合格者平均点は53点。過去問を分析しますと、4分野(物理・化学・生物・地学)はバランスよく出題されてます。高難度の問題は出題されていないが問題量が比較的多いので、時間配分を気にしながら対応することが必要です。物理系はてこの問題は定番。または振り子問題。化学系は水溶液に関する出題が多く、ものの溶け方など代表的な問題は確実に解いておきたいところです。生物系は遺伝子系の他、光合成など植物関係は頻出され、地学系は天気、天体、大地はどれもバランスよく準備しておきたいです。2018年度では地震(ロシア)について出題。緊急地震速報など近年の地震に対する備えなど、時事問題の把握も必要です。


  • 『社会の出題傾向』
  • 合格者平均点は72点。過去問を分析しますと、毎年地理・歴史・公民・作文問題で構成。地理、歴史、政治関係はバランスよく出題されている。社会も標準的なレベルであり、小学校で学習した内容はしっかりと確実に身につけておくことが必要です。地理関係は産業、気候、地形など、歴史関係はまんべんなく、レベルは標準。公民関係は三権分立、憲法が中心。また光星中学の社会は必ず最後に100字程度の作文が出題されます。2018年度では陸上の桐生選手の軌跡と挑戦を踏まえ、自身が挑戦したい事を作文にする問題が出題されました。普段からの記述に慣れておくことが必要です。


  • 【エデュオからの『札幌光星中学』メモ...】

    《授業の特色》
    ①5年(高校2年)までに特定教科の中学・高校内容を修了する進度で授業が実施されてます
    ②『数学・英語』については中学3年から習熟度別授業を展開していきます。
    ③『ルカクプログラム』とは、「ルカク国語・社会・理科・英語」があり、ディベート、JICA訪問、ヨーロッパ研修、モデルロケット打ち上げなど、教科の枠にとらわれず自らの問題提起、調査、解決していく力を養っていきます。

    《入試メモ...》
  • 札幌光星中学の受験では「追加合格」がありません。
  • ここ数年の志願状況として、2012年度(142名)から2018年度(282名)となっており、2倍の増加になっております。さらに実質倍率も昨年の1.18倍から1.39倍と大きく上昇してます。
  • 2019年度入試からは合格安全圏基準も240点から260点へと引き上げが予定されてます。

  • 中学受験コースの料金はこちら>>
  •   

    【札幌日大中学校】



    平成15年に札幌日大中学(中高一貫)が開設されて以来、東大、京大、旧帝大など難関大に合格実績を出しております。またグローバル社会への適応環境として、平成24年にスーパーサイエンスハイスクール(SSH)、さらに平成27年にはスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受けており、より充実した将来への人材育成を実施しています。
    入試制度としては、平成29年度よりスーパーアクティブコース(SA)とアクティブコースを設置。
    SAコースについてはよりハイレベルな教科指導で東大京大・医学部への進学を目指す内容となってます。
    2019年度より特待生入試を実施。それに伴い入試日程も複数日程になり受験選択の幅が広がります。
    さらに英検資格取得者には加点制度によりそれぞれ、英検3級以上20点、準2級以上30点が加算されます。

    【2018年度実績(浪人含む)】※全コース合計
    →北大16、東大、東北大、東京工業大、一橋大 各1、札幌医大7、樽商大7、など。
    →早稲田大8、慶応大3、東京理科大13、MARCH31、北海学園大42、北海道医療大30、など。


    【入試傾向】
    『国語の出題傾向』
  • 合格者平均点はSAコースが66.9点、Aコースが60.0点。素材自体は特別に難しくないが記述量が多いのが特徴です。記述式の問題が多く、本文から抜き出して解答や自分の言葉で解答を作成する問題もあり、ややレベルの高い問題演習が必要な状況です。
    2018年度では50字以内、80字以内の記述解答、さらに資料や題材を参考に自分の考えを書く問題も出題されており対応が必要です。


  • 『算数の出題傾向』
  • 合格者平均点はSAコースが70.4点、Aコース35.0点。中学受験としてはスタンダードな出題傾向。図形と文章題が70%以上を占めます。
    単純な面積を求める問題や2018年度のように立体からの展開図、速さ、水槽問題(ニュートン算)など幅広いです。また要注意なのが、近年、適性型入試に近い問題も導入され、グラフや表の読み取りが求められます。


  • 『理科の出題傾向』
  • 合格者平均点はSAコースが73%、Aコースが53%。傾向としては4分野(物理・化学・生物・地学)はバランスよく出題されてます。物理は電気、てこ、振り子が、化学は水溶液や気体が頻出されてます。2018年度は入浴剤を題材にした問題が出題され、炭酸ガスに関わる身近なものについての出題もあり、普段から関心を持つ事が重要になります。生物は動物と植物が、地学は概ね天体、天気が頻出されるが大地のつくりからも要注意が必要。


  • 『社会の出題傾向』
  • 合格者平均点はSAコースが70%。Aコースがほぼ53%。傾向としては地理歴史で70%を占めます。
    地理は基本的に各都道府県に関する産業、人口、面積、地形などをもとにした出題され、歴史は近代史も要注意です。また公民分野は2018年度は三権分立が出題されましたが、世界遺産も出題されるなど時事問題との融合も見られます。また2018年度は歴史上の人物の時代と説明の問題が出題されました。単純な人物名の丸暗記にとどまらないよう受験対策が必要です。


  • 『総合学力入試の出題傾向』
  • 平均得点率は設問によって20%台~70%を超える設問もあり幅広いのが現状。全体的な平均点は50%前後になってます。2018年度については総合Aはグラフ、表、図の読み取りなど算数・理科系、総合Bは記述式問題が多数出題され、『WFP(世界食糧計画)』や国連、核兵器禁止条約に関する設問などグローバルな課題、時事問題にも要注意です。


  • 【エデュオから『札幌日大中学』メモ...】

    《授業の特色》
    ①『PLSSカリキュラム』として個人の学習を支援する独自カリキュラムを実施してます。
    ②『習熟アクティブクラス制』→習熟クラス毎に指導内容が異なり、基本事項と演習事項のウェイトに変化を持たせています。
    ③『生活設計ファイル』→一週間ごとに学習目標、学習内容、学習評価を設定し生徒自ら管理していきます。担任に提出後、毎週コメントでの返信対応してます。
    ④国際化教育→オーストラリア研修旅行、ケンブリッジ大学イースタープログラムなどグローバル人材の育成に努めてます。

    《部活動の特色》
  • 札幌日大中学に部活動は週に2~3回くらいです。加入率は80%程。スポーツや文化を通して文武両道を実践しています。

  • 中学受験コースの料金はこちら>>
  • 【札幌聖心女子中学校】



    1963年度に7番目の日本の姉妹校として開校した札幌聖心女子中学。その後、2006年度にはSELHi(スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール)に指定。2012年にはIB(国際バカロレア)教育推進調査研究校に指定されました。2014年度にSGH(スーパーグローバルハイスクール)研究校に指定されています。またカトリック校として学校生活の中でキリスト教の価値観に触れながら自分にとって本当に大切なものは何かを見極め、将来の進路を主体的に選択していく生徒を育みます。          

    【2018年度実績(浪人含む)】
    →横浜国立大1
    →聖心女子大14、上智大4、関西学院大学大2、東京女子医科大、岩手医科大、愛知医科大、同志社大、中央大、各1、など。

             
    【入試傾向】          
    『国語の出題傾向』          
  • 過去問を分析しますと、大問が二つ。それぞれに35~45文字での記述問題が出題されています。また漢字の読み書き、語句、慣用句の意味、使い方など設問自体は幅広く出題されています。聖心女子の特徴として出題の中に自分の考えやその理由を問う設問があります。2018年度は受験生自身の印象に残った幼い時の出来事について考える事が出題されました。概ね10行くらいでの記述になりますが過去問などで慣らしておくといいでしょう。
  •          
             
    『算数の出題傾向』          
  • 過去問を分析しますと、内容は標準的。他の私立中学と比較すると図形の出題が少なめです。代わりに文章題が全体の50%を占めます。内容的には計算問題は分数と小数の混合。比や式の中の□の穴埋めは頻出。文章問題は速さ、比、割合など中学受験の代表的な内容が多く出題され、図形は面積、体積が中心。また2018年度では第6問のような推理問題が出題されてます。
  •          
             
    『理科の出題傾向』          
  • 過去問を分析しますと、4分野(物理・化学・生物・地学)はバランスよく出題されてます。どの分野も中学受験の代表的な問題が出題されてますのでまんべんなく対応が必要です。2018年度では水溶液、体のつくり、回路図、地震など定番問題が出題されてます。日頃からの基礎固めと受験用の演習をしっかり学習しましょう。過去には環境問題などの出題もあるので要注意。
  •          
             
    『社会の出題傾向』          
  • 過去問を分析しますと、地理分野よりも歴史分野の方が割合は大きい。地理は基本的な気候、国名、地名を押さえること。歴史は古代から現代まで幅広く出題されている。公民分野では国会、選挙が中心。また国際連合も注意。また時事問題では自分の考え、アイデアを問う問題が出題。単純な知識問題もあるが、2018年度では将棋の藤井聡太に関するものが出題され、普段から新聞やニュースに耳を傾けておくと時事問題への取り組みがしやすい。
  •          

    『英語の出題傾向』
  • 過去問より、大問は5題。聞き取り、適語選択、適文選択、長文読解で構成されてます。内容は中学1、2の内容が主体になっているが、一部、中学3年の内容もあり難易度はやや高め。長文読解では内容把握が求められます。

  •          
    【エデュオからの『札幌聖心女子中学』メモ...】          
             
    《進路メモ...》          
    『指定校推薦枠が充実』          
  • 姉妹校の「聖心女子大学」には特別推薦枠があり3~4割が進学してます。
  •          
  • 生徒全体の70%が推薦制度を活用して進路が決定されてます。


  • 『グローバルとソフィアサイエンスの融合』
  • 昨年まで実施されていた『グローバル』と『ソフィアサイエンス』が融合という形で垣根がなくなります。将来のビジョンをよく探求して高校2年より文系と理系に分かれます。

  • 中学受験コースの料金はこちら>>

  • 【藤女子中学校】



    藤女子中学は1925年に開校した伝統校です。全道で唯一の完全中高一貫の女子校です。          
    2003年には新校舎も完成。教育目標として『中高一貫教育』『女子教育』『国際教育』を掲げ、変化の激しいこの世の中、自分らしくしなやかに生き、学んだことを他者のために生かすことが出来る女性の育成をしています。
    また藤女子中学校も2009年度から4教科入試へ移行。さらに『難関大学コース(中学3年・冬に選抜試験)』を設置して難関国公立、医学部合格に向けたカリキュラムも実施されています。          

    【2018年度実績(浪人含む)】
    →北大5、札幌医大3、小樽商大2、弘前大2、東京芸大1、など。
    →早稲田大3、上智大2、東京理科大2、MARCH10、同志社大3、津田塾大3、藤女子大51、北海道医療大12、など。

             
    【入試傾向】          
    『国語の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、設問は読解が中心。大問4つ出題されるがメインは2つ。40字以内の記述問題の他、字数制限がない記述も出題される。このほか、要約利用や自分の考えた具体例や理由を説明する問題も出題されます。傾向としては特に長い記述はないが、語句、短文形式の出題が多く散見されるので大事な得点源としたいところです。2018年度は記述解答も20字ほどで長い記述解答はなかった。来年2019年度から問題構成が変更になるので要注意です。


  • 『算数の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、他の私立中学同様、図形と文章題が70%占めます。以前の藤中学の算数が計算問題が約半分を占めていた事を考えると大学受験を念頭に置いた傾向の変化とも言えます。計算問題は教科書レベルから標準、図形は面積、体積、角度の出題ですが工夫された解答への演習が必要。文章題は速さ、割合、比の計算が出題されるが中学受験定番の出題が多く代表的な傾向を演習したいところ。2018年度は会話形式の問題も出題され、文章に対するしっかりとした読解力も必要。また規則性の出題もあり演習が必要です。


  • 『理科の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、4分野(物理・化学・生物・地学)がほぼ同じバランスで出題されてます。中学受験として難易度の高い内容は要求されておらず、基礎力を身につけることを最優先に演習したい。水溶液、状態変化、植物、昆虫など代表的な出題が多い。2018年度も日常的な事象が出題されたり、恐竜の問題が出題されたりと普段からの関心を持つ事が大切です。


  • 『社会の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、地理歴史で70%を占めてます。難易度は標準的な内容が多く、地理については北海道に関する内容が出題されることが多いので要注意。公民分野は憲法、三権が中心も近年は出題頻度は少ない。時事問題については広い範囲からの出題傾向があり、日頃から新聞、ニュースなどで社会情勢の確認が必要です。2018年度も新聞の一面見出しから小問10題の出題あり。


  • 【エデュオからの『藤女子中学』メモ...】

    《授業の特色》
    ①2017年4月から65分授業(一日5時間授業)実施してます。
    ②6年間の『学習手帳』を活用して担任を通して家庭学習のサポートしていきます。
    ③土曜日は各自の能力に見合った対応を実施。発展内容の「中学アドバンスト講座」や授業内容定着の「中学演習講座」、大学受験対応の「高校進学課外」などを実践して学習を深めていきます。
    ④カリキュラム変更→難関大コース進学は現行カリキュラムでは試験選抜にて4年生(高校1年)からの移行でしたが、2019年度より中学3年進学時に英語・数学にて試験選抜ではなく生徒より自主選択が可能になります(一部、校内基準あり)。

    《入試メモ...》
  • 2018年度の合格者平均点は148.8点でした。昨年よりも1割ほど平均点が下がってますが、60%の得点率を目指した対策が必要です。
  • 系列大学である『藤女子大学』へは2018年度も51名が合格してます。毎年合格者の6~7割は『姉妹校推薦枠』によるものです。

  • 中学受験コースの料金はこちら>>
  • 【北星学園女子中学校】



    北星学園女子は1887年に開設された創立130年の道内屈指の伝統校です。          
    日本女性の自立を願って開校され、創設以来、女子教育の礎を築き、英語教育やキリスト教的な心の教育にも力を入れています。そして2004年度、中高6年間一貫教育がスタートされ、大学受験での選択肢が広がる環境が整いました。
    英語教育に力を入れており、2018年度『Cambridge Englishスクール』に認定され、新大学入試の英語4技能(聞く・書く・話す・読む)の充実を図ります。
  • 入試科目では2018年度より『英語』が選択可能になり、これで4教科・2教科・3教科(英語)受験が可能となります。


  • 【中高一貫生・2018年度実績(浪人含む)】
    →小樽商大3、北海道教育大、帯広畜産大、札幌市立大 各1、など。
    →MARCH3、関西学院大1、日本女子大1、北星学園大6、北海学園大6、北海道医療大2、など。

    【入試傾向】
    『国語の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、難関中学に見られるような記述問題の割合は多くないですが、書き抜き、選択形式を含め設問はバランスよく出題されてます。また2018年度では50字から60字の記述解答も出題されてますので演習が必要です。設問自体は内容把握の出題が多く、漢字、四字熟語など語句に関する問いも散見されるのでしっかりと演習しておきたいところです。


  • 『算数の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、図形・文章題の割合は6~7割程。計算問題は分数、小数を混ぜた四則演算。
    2018年度も図形は面積、体積、文章題も割合や規則性の出題など中学受験として定番な内容が多く出題されてます。
    全般的に標準問題レベルだが問題数、文章量も比較的多いので読解力は欠かせない要素です。
    2016年度からリスニングによる問題も出題されてます。表や図で説明する問題もあるので過去問を解いて慣れておく必要があります。


  • 『理科の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、4分野(物理・化学・生物・地学)はバランスよく出題されてます。
    全体的に基本的な内容の出題が多いです。水溶液、ものの溶け方、水中の生き物、大地、太陽と月など教科書の内容は確実に習得していれば対処可能な内容も多い。しかし2018年度も豊平川の増水の理由が出題されるなど、毎年、思考力、記述力を試す問題が出題されているので中学受験の実践演習も必要です。


  • 『社会の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、地理歴史は全体の半分ほどを占める。難易度としては概ね教科書レベルでの対応も可能な問題も多く出題されているが、2018年度も時事問題から細かな内容が問われることもあるので普段からの新聞、ニュースはチェックしておきたい。公民分野は国会、憲法、選挙の内容が中心となってます。


  • 【北星中学入試 英語について】
  • 新しく導入される『英語入試(選択)』ですが、「ケンブリッジ英語検定」における児童対象の「YLE(ヤングラーナーズ試験)」のムーバーズレベルでの出題。リスニング、ライティング、リーディングのほかスピーキングもあります。英語での面接は面接官と隣同士で大きな一枚の絵を渡され、書かれた絵についての質問の返答、間違い探し、仲間はずれを探すなどすべて英語でのやり取りとなります。英検でいう3~4級あたりになります。


  • 【エデュオからの『北星学園女子中学』メモ...】

    《授業の特色》
    ①『Highコース』→中学3年からの選択コースで主に難関大学受験対応のカリキュラムになってます。
    ハイレベルな演習、添削指導、講習会など国公立、難関私大合格への充実を図ります。
    ②『Coreコース』→上記同様、中学3年からの選択で、5年(高校2年)時に『北星学園大学進学』か『看護医療系』のいずれかの選択になります。
    ③中学3年時は『カナダ語学研修』が10日間あります。ホームステイしながら世界の多様性、英語のコミュニケーションを成長させてきます。
    ④『商品開発』→一貫課程の総合学習として取り組むプロジェクト。地元企業と連携してオリジナル商品を開発。
    マーケティングの基本からプレゼンテーションの方法など学び力を伸ばしていきます。

    《進路メモ...》
    ①『学園内推薦』→系列の「北星学園大」及び「北星学園大短期大学部」に推薦枠があります。4年生制は40名以上の推薦枠があります。
    ②『指定校・同盟校推薦』→100校以上300名以上の推薦枠があります。
    難関大学である『MARCH』『関関同立』そしてICU合わせて40名以上の推薦枠があります。


  • 中学受験コースの料金はこちら>>
  • 【北嶺中学校】



    言わずと知れた道内屈指の進学校。創立以来、1期生から毎年東大合格者を輩出し続けている。
    特に医学部については「灘」「久留米大附設」「東海」「ラサール(鹿児島)」など全国の超難関校がひしめく中で2018年度・国公立大医学部現役合格率が『全国6位』という実績です。

    【2018年度実績(浪人含む)】
    ・『北嶺(卒業生123名)』
    →東大13名 京大2名 国医33名
    《合格率39.0%》

    【2018年度 実績比較】
    『東大・京大・医学部医学科(国公立)』
  • 現役合格者占有率(%)比較(抜粋) ※ssは四谷大塚

  • 筑波大附属駒場 53.7%(ss72)
  • 灘       53.4%(ss73)
  • 開成      34.4%(ss71)
  • 麻布      24.3%(ss67)
  • 北嶺      22.8%(ss56)
  • 駒場東邦    20.6%(ss64)
  • 武蔵      17.9%(ss63)

  • 上位2校は別格として、首都圏御三家の一つ、麻布に匹敵するような実績を出しており、全国的にも屈指の進学率を誇ります。
    現在は受験会場も地元北海道の他に仙台、東京、名古屋、大阪など都市圏も加え、志願者数もH25年の318名からH30年では702名とほぼ倍増してます。

    【入試傾向】
    『国語の出題傾向』
  • 合格者の平均点はおよそ60%前後で推移してます。過去問からは文章量も多く、内容も高度。毎年レベルの高い読解力が求められます。
    題材は3題程度で主に小説・物語・随筆・評論が中心。30~50字程度の記述攻略がカギ。字数指定なしの問題も2~3問出題されます。
    また2018年度では第1問で大学入試センター新テストを意識した問題が出題され、総合的な国語力が試されました。
    とにかくボリュームが多いため後半の問題(特に3問目)に白紙答案提出という状況もあり、全体を通した時間配分、解答順序をきちんと意識して取り組む必要があります。


  • 『算数の出題傾向』
  • 合格者の平均点はおよそ70〜75%。4教科の中では最も合格者と不合格者の平均点に差が出ます。算数が平均点以下で合格した受験生はほとんどおりません。図形と文章題で70%ほど占めますが、計算問題もかなり複雑で工夫して速く解くことがポイントです。
    過去問分析すると速さに関する問題は毎年必ず出題されます。また算数ながら文章の長い問題も頻出され、国語のように読解力が要求されてます。
    2018年度では立体図形問題における空間認識として思考力、応用力、発想力を試される出題もありました。



  • 『社会の出題傾向』
  • 合格者の平均点は60%前後。出題傾向は地理と歴史が7~8割くらいですが、実際には公民分野の内容もすり込まれてるので、各分野万遍なく対応する必要があります。内容的には単純な知識解答よりも問題文の読解力が問われるのが現状です。グラフ、図、表の理解も必須です。
    また2018年度でも出題されましたが、日頃から丸暗記の学習ではなくその歴史の背景を理解して学習することも必要になってます。


  • 『理科の出題傾向』
  • 合格者の平均点は60%くらい。2018年度もほぼ同様の平均点でした。傾向としては4分野(物理・化学・生物・地学)はほぼ同じ割合で出題され、グラフ作成はここ6年連続出題されてます。特に2018年度では導き出したデータをグラフ化す問題が出題され受験生の間で大きな差が出ました。
    過去問傾向として首都圏の御三家、神奈川の栄光・聖光など超難関校でも毎年よく出題される傾向が強いです。
    更に環境問題など時事問題に関わる分野からの出題も見られますので日頃からの注意が必要です。


  • 【家庭教師のエデュオから『北嶺』メモ...】

    《授業の特色》
    ①完全週6日制、7時間授業体制、公立の1.6倍の授業数で「思考力・判断力・表現力」を鍛えて難関大学合格への学力をしっかり確保しています。
    ②論理文章能力検定、数学検定、英検、TOEFL、TOEIC、ニュージーランド研修、NASA研修などこれからのグローバル社会に対応できるプログラムが多数。
    ③Gプロジェクト→「ハーバード大学・マサチューセッツ工科大」現役大学院生・教授によるプログラムを受講など国際的なリーダーを育成します。

    《部活動の特色》
    ①様々な部活がある中でラグビーと柔道は校技として「協調性・自己犠牲の精神」・「自己精神力・技術力」を高めていきます。卒業生全員の黒帯(初段)取得の実績もあります。
    ②文化系の部活では「囲碁・将棋」は全国大会にて好成績、さらにディベート部は全国大会準優勝にて世界大会出場の実績もあります。

    《入試制度 専願・併願・一般について》
    北嶺中学入試では北嶺を第一志望する「意欲ある人材」を求め、専願制度があります。
    上記受験区分(専願・併願・一般)によって合格ラインが異なります。2018年度では、
    【専願209点 併願223点 一般224点】
    専願と併願で「14点」、一般受験者とは「15点」の差がつきました。

    《青雲寮コースについて》
    生徒への手厚いサポートから、ここ数年増加中の「青雲寮コース」。
    基準点は【専願220点 併願237点 一般244点】となってます。
    また札幌市内近郊は【専願244点 併願254点】と基準値が高く設定されてます。


  • 中学受験コースの料金はこちら>>

  • 【立命館慶祥中学校】


    1995年、公立が地盤の強い札幌圏の中、初めて私立として風穴を開けたのが立命館慶祥高校でした。
    そして2000年に立命館慶祥中学が開設されました。現在の進学状況としては2017年度(2018.3月)卒業生293名のうち、系列大学(立命館大・立命館アジア太平洋大)におよそ半数の135名が進学してます。また他大学実績としてはSPコースを設置し、旧帝大、国立医学部などにも難関大学にも多数合格者を輩出しています。
    また海外研修も盛んで中学3年時にニュージーランド研修、高校2年時にはテーマ別海外研修としてガラパゴス、アメリカ、マレーシア、など生徒が選択した地域で海外研修を行ってきます。

    《入試の特徴》※2019年度より変更
    2019年度より入試方法が変更になります。一般入試とSP入試に区別され複数回受験へと変更になります。
    ・一般入試→一般出願、専願出願、個性出願、帰国出願があります
    ・SP入試→出願区分はありません

    【2018年度実績(浪人含む)】
    →東大5、京大4、北大17、東北大6、札幌医大4、旭川医大4、阪大2、など。
    →早稲田大6、慶応大7、上智大14、東京理科大6、MARCH21、立命館大124、北海道医療大29、など。

             
    【入試傾向】
    『国語の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと素材の分量は多いです。しかし設問については記述式よりも穴埋めなどの選択形式が目立ちます。 また漢字の読み書き、語彙力を問う設問も散見されます。また2018年度のように各大問にて50字以内での記述問題も出題されてますので 記述対策の演習も必要です。


  • 『算数の出題傾向』
  • 過去問を分析しますとやはり図形と文章題で70%を占めます。高難度のような問題はあまり多くないので、中学受験としての 総合力が試されてる内容になってます。計算は工夫して対応が必要、図形は面積や角度など定番が多いです。また2018年度のように、 立方体の回転、正三角形に関する規則性の内容も出題されていますので、標準的かつ多様な問題への演習が必要です。


  • 『理科の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、4分野(物理・化学・生物・地学)は満遍なく出題されてます。全体的に問題記述量が多く、問題をしっかり読み切る読解力が必要です。物理系は2018年度では電流のはたらきが出題されたが題材は幅広い。水溶液関係は計算問題が多く慣れが必要。生物、地学系分野では動物の生息地域、地震の問題が出題されてます。


  • 『社会の出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、地理歴史で75%を占めます。各都道府県の気候、地形、産業など出題。資料や地図からの 読み取りなど、標準的な知識を広く確実に押さえておく必要があります。歴史は文化的な建物や出来事などは都道府県と関連して覚えておくことが 大切です。また2018年度では近年のノーベル賞、パリ協定の出題など日頃からの社会への関心を持って時事問題への対策が重要です。


  • 【エデュオからの『立命館慶祥中学』メモ...】

    《授業の特色》
  • 『一貫コース』は数学と英語は習熟度クラスとして二つに分けて対応。
  • 『SPコース』は東大京大・国医など難関大学に合格可能な内容を身につけていきます。定期テストはSPコース専用の問題も出題され高い学力を充実させていきます。


  • 《入試メモ》
    2018年度の入試結果より。

    受験者は『セミナー・個性』が228名、『一般』が74名となってます。
    特にSPコースに限っては、実質倍率が3.35倍にもなり激戦になりました(受験者数258名・認定者数77名)。

    合格者平均点については、
    「一般・210.5点 セミナ—個性・215.0点」
    合格ラインは
    「一般・160点 セミナ—個性・141点」
    セミナ—・個性入試が19点有利になりました。

    またSPコースに限定しますと、
    合格者平均点については
    「一般・272.3点 セミナ—個性・263.9点」
    合格ラインは
    「一般・250点 セミナ—個性・231点」
    セミナ—・個性入試が19点有利になりました。


  • 中学受験コースの料金はこちら>>

  • 【函館ラ・サール中学校】


    1960年、函館ラ・サール高校が開校。そして1999年度函館ラ・サール中学校が開校しました。
    開校当初から全国区として知られ、現在でも入学者の7~8割は親元を離れ寮生活をしています。
    また入試会場も本校の他に札幌・東京・大阪・名古屋でも同時に実施されてます。進路状況としては、
    医学部など医療系に進学希望する生徒が多く、全体的にも理系が多いのが特徴です。
    またカトリック校として人間教育重視の教育実践と全国唯一の大部屋での寮生活もあり、深い友人関係や
    逞しい人間関係力を育んでいます。

    【入試傾向】

    『国語の出題傾向』
  • 過去問を分析すると、題材自体の文章量は多いが難易度の高い内容ではないので読みやすいです。
  • 有名校の特徴である長い記述解答はあまり多くない状況で、2017年度も50字以内の記述がある程度です。 基本的に選択問題がほとんどで、内容把握を問う問題が中心。また漢字、語句、表現など設問の幅が広いので 知識を充実させていく必要があります。

    『算数の出題傾向』
  • 過去問を分析すると、難易度は高く、中学受験特有の問題が多く出題されているので多くの演習は必要です。 計算問題については単純計算は無く工夫が必須です。他の有名校と例外なく図形と文章題は7割以上を占めますが、 2017年度のように、面積計算、さらには複雑な立体体積計算、図形の移動など高難度の演習は必要。 また整数の規則性、数列、推理など設問の幅広い演習が必要となっている。


  • 『理科の出題傾向』
  • 過去問を分析すると、4分野(物理・化学・生物・地学)とも難易度は高く、多くの演習が必要です。
  • 2017年度は負荷をかけた輪ゴムの伸びに関するグラフの読み取りと計算が出題。また電気、てこなど幅広い。 水溶液と気体については化学反応からの質量計算に注意。生物は従来、動物に関する問題が多いが2017年は植物が出題。 地学も天体、天気が中心。時事問題や植物分野の問題に季語を絡めるなど幅広い知識の充実が必要です。

    『社会の出題傾向』
  • 過去問かを分析すると、地理歴史分野で8割以上が出題されています。
  • 地理と歴史が融合された設問もあり、 内容的には単純な知識問題では対応は難しい設問もあります。2017年度には映画館数の推移、電車の時刻表からの読み取りなど 幅広い出題がされています。


    【家庭教師のエデュオからの『函館ラ・サール中学』メモ...】

    《授業の特色》
  • 『週37時間授業』

  • →函館ラ・サール中学では公立中学と同様に芸術・体育の時間も確保しています。
    それ以上に5教科の授業数をはるかに多く取り入れてることで授業の先取りという形になってます。

    《入試メモ...》
    2017年度 入試結果について(第一次)

    合格者平均点
    国語74.3 算数74.2 理科27.4 社会37.9 合計213.7
    (理科・社会は50満点)

    ちなみに受験者平均点と最も差がついたのは、算数で「13.1点」も差がつきました。
    また最低点は186点という結果でした。




  • 中学受験コースの料金はこちら>>



  • 【札幌開成中等教育学校】

    札幌開成中学



    2015年度、札幌圏に初の公立中高一貫校が開設されました。高校入試を意識しない環境下で国際標準の教育プログラムである『国際バカロレア(IB)』を活用して6年間全ての授業を「生徒が課題を探求する」スタイルを実践しています。

    《入試について》


    ①選抜方法
  • 適性検査Ⅰ・Ⅱ、出願理由説明書、児童の状況調書により決定。
  • 一次検査では定員の2倍(男女各160名)以内までを選考。
  • 二次検査では一次通過者に対してグループ活動の結果を加算。

  • ②入学予定者の決定方法
    →男女別に各1/4程度を以下の方法で決定する
  • 『適性検査Ⅰと調査書』の上位1/4
  • 『適性検査Ⅱと調査書』の上位1/4
  • 『グループ活動と調査書』の上位1/4

  • →上記の方法で決定されなかった残りを対象に
    『適性検査Ⅰ、Ⅱ、グループ活動、調査書』を総合して残り1/4を決定する。


    【入試傾向】
    『適性検査Ⅰの出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、他の公立中高一貫校と例外なく、思考力、判断力を問う内容になってます。
    ポイントとしては過去問にも出題されているようにまず規則性を理解し、その規則性を使いながら問題の
    解決に当たる。また、会話文になって出題されているケースが多いので身近な場面での設定で出題されてます。


  • 『適性検査Ⅱの出題傾向』
  • 過去問を分析しますと、自分の意見を記述する内容も出題されています。検査Ⅰよりは読解量は軽減されてるものの、自分の考えをまとめ、記述することを考えると日頃からの演習は不可欠です。昨年同様200字以内の記述問題が出題されてます。単純な知識解答ではないのでこの形式にしっかりと慣れておくことが必要です。


  • 【エデュオからの『札幌開成中等教育』メモ...】



    《授業の特色》
    ①6年間を基礎期(1・2年)、充実期(3・4年)、発展期(5・6年)として、段階的に学習内容を深化させていきます。
    ②定期テストはありません!。単元ごとにIBの評価方法に基づいて評価していきます。
    ③少人数制ですので2クラス80名を3つに分けて授業。さらにまとまった授業時間を確保するために2時間連続で設定されてます(5分休憩あり)。
    ④「課題探求の学習」の実践のために生徒一人ひとりにタブレットを使用した学習も展開してます。


    《入試メモ...》
  • 札幌開成中等教育の倍率は、開校当初は定員160名に1688名が出願、倍率10.6を記録しましたが、2018年度は
    定員160名に対し733名の志願者となり、倍率も4.6倍と開校当初と比較するとだいぶ落ち着きました。
    しかし重要なのは、この傾向は首都圏の公立中高一貫校にも同様で「入学しやすくなったことではない」という事です。
    いわゆるしっかりとした『事前対策』をしなければ入試を戦っていくのが厳しくなってきた表れでもあります。
    入試に向けた演習を行うことが大切です。

  • 中学受験コースの料金はこちら>>



  • 【教育大附属札幌中学】

    附属札幌中学


              
    1947年度、新学制の実施に伴い北海道第一師範学校男子部附属中学校として創立されました。 そして1950年度に当時の新校舎が現在の札幌市中央図書館がある南22条西13丁目に開校。さらに1987年度には現校舎がある北区あいの里に新校舎が移転されました。教育大学の附属校という位置付けのため教育実習が多く、毎年研究大会が行われます。
    また選抜試験が毎年実施されているので、特に中学受験した生徒は札幌市内でもトップレベルです。
    附属高校が無いため高校受験が必要ですが、学年のおよそ半数が札幌南・北高などトップ校に進学している状況です。           

    【エデュオからの附属札幌中学メモ】


    ①倍率
  • その年によって変動しますが6~8倍くらいと推定されます。
    ※実際のところ、男子は有名私立中学受験のため数名抜けることがありますが、女子はほとんど少なく、女子の方が高倍率になる傾向があります。

  • ②入試内容・攻略
  • 国立大学(独立行政法人)附属という事もあり、有名私立中学受験の内容のような問題はほとんど散見されません。
    基本的な問題が多いのが実情ですが、算数、理科、社会では少々戸惑うような問題も出題されてます。 攻略としては皆が取れる問題は絶対に取りこぼしの無いようにすることです。
    難関私立中学と異なるのは、教科書を隅々までやり、後ろにある応用レベルをきっちりこなして完全理解することですが、受験対策としての事前準備はやはり必要です。

  • ③面接
  • 教育実習の場であるという立場から、選抜の上でも面接の判断ウェイトは低くはないので要注意です。
    (言葉は良くないですが、就職活動での圧迫面接のような理詰めな質問もあります)

  • 面接では例えば・・・
  • 話し相手に対し目線だけではなく、きちんと体の方向を相手に向け、相手の目を見て理解する姿勢があるかどうか
  • 返事など礼儀正しいかどうか(入退場時、質問の返答時)
  • 廊下・待合室ではきちんとじっとして待っているかどうか
  • 自分の意見をハッキリと話せるか。どんなに意地悪な質問があっても堂々と返答が出来るまで練習する(声の大きさなど)

  • また集団活動では...
  • 困ってる人に手助けしているか
  • 積極的に進んで他人と交流しようとしているか

  • などなど...。

    《授業の特色》
  • ディスカッション形式の授業もあるので、問題解決能力の高い積極的な生徒に育つ可能性は大きいかと思います
  • 先生もオリジナルプリント作成や独自の授業(の内容)を展開していくなど生徒の興味を引き上げていく授業が多いです

  • 中学受験コースの料金はこちら>>